PROFILE

MASH(マッシュ)

MASH(マッシュ)

歌手。

1979年 7月11日。愛知県春日井市に生まれる。

2006年 11月8日 1st.Mini Album「情熱のばか」でラッパーとしてソロデビュー。

2009年 avexのcutting edgeから6月にリリースされたシングル「僕がいた」がUSEN総合チャートにて16週連続チャートインを記録し、その年の最長チャートイン記録楽曲となる。

2010年 3rdアルバム「若者」収録曲「夢追いの地図をひろげて」「so long」がCBCテレビ創立60周年記念ドラマ「おかげ様で!」のテーマソングに起用される。

2013年 地元名古屋に自身の音楽レーベル「Bluestar Records」を設立。
同年に発表した5thアルバム「Perfect World」収録曲「青空」がZIP-FMの総合チャートで1位を獲得する。

2016年 1月23日 デビュー10周年記念ライブをZepp名古屋で開催。満員御礼で幕を閉じる。

2016年 11月から体調不良を理由として無期限の活動休止を発表。

2017年 8月にアコースティックギターの弾き語りによる活動再開。

2018年 1月14日 地元名古屋のTOKUZOを皮切りに全国各地で弾き語りワンマンライブを開催。全会場満員御礼で活動復帰からの1年を駆け抜ける。

これまでに7枚のスタジオアルバムをリリース。

フォークからヒップホップまでを飲み込んだ唯一無二のサウンドメイクに詩情豊かな歌詞世界は聴いた人の心を離さない。
自ら企画し主催するワンマンライブ MASH HOUR(マッシュアワー)では、毎回シチュエーションを変え独創的なライブを披露。記憶に残るエモーショナルなステージングはライブアーティストとしても多方面から絶賛されている。

2019年 1月27日 約2年半ぶりとなるニューシングル「星が綺麗な夜に」の配信がスタート。2月から京都と東京を回る弾き語りツアー「星が綺麗な夜に」を成功させる。

2019年 4月29日 千種文化小劇場にてワンマンライブ「たった16小節の夢」開催。満員御礼の大盛況のままライブの幕を閉じる。

2019年 7月10日 シングルCD「たった16小節の夢」をavexより発売。CD盤のシングルとしては「僕がいた」から約10年ぶり、弾き語りのシングルとしては初となる。そのリリースを記念してツアー「この道の先で待ってて」を開催し、名古屋、京都、アメリカポートランド、東京を回るツアーを完遂させる。

2020年 2月9日 名古屋ダイアモンドホールにて、ライブ活動休止前のワンマンライブ「奇跡の夜」を開催。ライブ中、ファンの前で上京宣言を行う。

2021年 9月17日(金) 活動再開を発表。10月29日(金)から東名阪を回るアコースティックツアー「壊れたJukebox」を実施。

デビュー15周年を迎えた、2021年11月8日には待望の新曲「壊れたJukebox」を配信リリース。

そして、デビュー15周年を記念し、2022年2月10日(木)に、『MASH HOUR「風の歌が聴こえる」at Nagoya Club Quattro』の開催が決定している!